よくある質問

よくある質問:5~6ヵ月

離乳はいつから始めたらよいでしょうか。

お子さんの発育はそれぞれです。生後5〜6ヵ月になり、下記のような様子がみられれば、そろそろ離乳食スタートの時期です。
・首がしっかりすわって、支えると座れる
・お父さんやお母さんたちが食べているものを、じっと見つめる。
・よだれが多くなってきた。
・母乳やミルクを欲しがるペースが1日の中で安定してきた。
これらのサインがみられたら、ゆっくり焦らず、気候や赤ちゃんの体調のよい日に始めてみましょう。

離乳開始時に適した食品にはどのようなものがありますか。

赤ちゃんに最初に与える食品は、シンプル、滑らか、薄味が条件です。お粥やパン粥に母乳か粉ミルクを混ぜて滑らかに仕上げたものや、1種類の野菜かフルーツをマルチクイックでピューレ状にしたものが最適です。にんじん、じゃがいも、バナナなどの野菜やフルーツを喜んで食べてくれることが多いようです。
乳児が離乳食を食べられるようになる時期には個人差があります。疑問や不明な点がある場合は、いつでもかかりつけの小児科医に尋ねるようにしてください。

離乳食は手づくりしなければいけませんか。それとも市販のベビーフードを使ってもよいでしょうか。

皆さん一度は市販のベビーフードを使ったことがあるはずです。便利ですが、だからといって毎回使うのではなく、手づくりの離乳食にも挑戦しましょう。ピューレなどの離乳食は、マルチクイックなどの簡単な調理器具で、手軽につくることができます。安心な材料を使って数回分の離乳食をつくり、冷凍保存しておくことをお勧めします。手づくりの良いところは、使っている食材がはっきり分かることです。不要な防腐剤や添加物が入っていないことが確実なので、安心です。


※乳児が離乳食を食べられるようになる時期には個人差があります。疑問や不明な点がある場合は、いつでもかかりつけの小児科医に尋ねるようにしてください

よくある質問:7~8ヵ月

ピューレを手作りするためには特別な調理器具が必要ですか。

マルチクイックがあれば、どのようなピューレでも簡単に手づくりすることができます。特に離乳の初期段階では、固まりのある離乳食を与えると、喉を詰まらせる恐れもあるので、固まりのないなめらかなピューレをつくることが必要です。離乳食の中に少しでも固まりがあると、赤ちゃんは上手に食べることができません。

赤ちゃんがだんだん離乳食に慣れてきて、ある程度歯ごたえのある食事が食べられるようになれば、マルチクイックでつくった粗めのピューレや粗くマッシュした離乳食を与えるとよいでしょう。

乳製品はいつから与えることができますか。

乳製品は、6ヵ月齢くらいから与えることができます。最初はヨーグルトやバター、カッテージチーズなどの柔らかいものを少量離乳食に加えます。ただし少なくとも1歳になるまでは、牛乳を飲ませたり、母乳の代わりに牛乳を与えたりすることは避けてください。

野菜をブーッと口からだしますが、嫌いなのでしょうか。

ちょうどおしゃべりが大好きな時。口の振動や動きを楽しんでいるだけで、ブーッと口からだしても嫌いなわけではないでしょう。大人が反応するとますます楽しくなったりしますので、連続して口から出すこともありますが、これは赤ちゃんのおしゃべり。笑顔で冷静に見守りましょう。たまに、野菜の繊維が食べられずベーっと吐き出すことがあります。そのような場合はもう少し細かく切り、とろみをつけてあげると食べやすくなりますよ。

よくある質問:9~11ヵ月

ハーブや香辛料を赤ちゃんに与えても構いませんか。

コショウなどの香辛料を少量離乳食に使うことには何の問題もありません。ハーブは味を引き立て、しかも辛くなりすぎないので安心です。しかし、塩や砂糖は決して使わないでください。また香辛料を加えるのは調理中だけにして、できあがった離乳食に直接かけることは避けてください。

赤ちゃんの歯磨きは必要ですか。

歯が生えはじめるのは生後6~9ヵ月頃ですが、この頃から毎日やさしく歯磨きすることを習慣づけてください。ガーゼでふいたり、ベビー用歯ブラシで磨きましょう。無理なく楽しめる範囲で行なうのがコツです。

赤ちゃんに卵を与えてもいいですか。

7ヵ月頃から固く茹でた卵黄だけを与えます。問題がなければ、9ヵ月頃からよく火を通して固まった卵を与えてよいでしょう。卵アレルギー(またはアトピー性皮膚炎)の家族がいる場合は、赤ちゃんにもアレルギーを発症するリスクが高まります。この場合、赤ちゃんに卵を与えるときには少ない量から徐々に増やし、アレルギー反応が出ないことを確かめてください。もし卵アレルギーを発症してしまったとしても、豆類、肉、魚、大豆製品などで充分タンパク質を補うことができます。

いつ頃からピューレ状ではない食べ物を与えることができますか。

生後9ヵ月くらいになると、柔らかな固形状のものが食べられるようになりますし、むしろ喜んで食べたがります。最初は、赤ちゃん用に調理した食べ物の一部をマッシュして、マルチクイックでピューレ状にしたものと混ぜるとよいでしょう。徐々にピューレ状から固形状の食べ物へと移行してゆき、最終的には、食卓に出す前に食べ物をざっと混ぜ合わせるときにだけマルチクイックを使うようにします。もちろんスムージーやシェイクなどの飲料は滑らかに仕上げる必要があるため、マルチクイックを活用してください。

よくある質問:12~18ヵ月

いつからひとり食べをさせたらよいですか。

生後6ヵ月頃になると、赤ちゃんは哺乳瓶を手で持ったり支えたりするようになります。また離乳食を食べさせてもらっているときに、スプーンをつかむこともあります。ただしこの段階では赤ちゃんは食べ物や食器をつかむことに興味があるだけで、ひとりで食べることは無理なので、まだしばらくの間は親の手助けが必要です。
赤ちゃんはスプーンの端を噛むくせがあるので、離乳初期には柔らかいスプーンを使うようにしてください。早い段階から金属製の固いスプーンを使うと、柔らかい歯茎を傷つけてしまう恐れがあります。生後15ヵ月くらいになると、スプーンを上手に持つことができるようになります。まっすぐにスプーンを運ぶことはまだ難しく、よくこぼしてしまいますが、そんなときでもひとりで食べようと頑張っていることをほめてあげてください。

赤ちゃんに家族の食事を与えてもよいですか。

赤ちゃんは家族と一緒にいることが大好きです。離乳初期を過ぎれば、家族と一緒に食事をさせてあげるとよいでしょう。お母さんにとっても、健康的でバランスの良い献立を考える、でんぷん質が充分摂れるように工夫する、糖分や脂肪分の摂りすぎを避ける、塩分は控えめにするというような家族の食事を見直す良い機会になります。
この月齢の赤ちゃんは、ほぼ家族と同じものを食べることができるようになります。ただし以下のものは乳幼児に与えないでください。
・ 塩分や糖分の多い食品
・ ハチミツ(1歳になるまでは与えないでください。)
・ ナッツ丸ごと(喉を詰まらせる恐れがあるので、5歳になるまでは与えないでください。)
・ プチトマトやブドウ丸ごと(喉を詰まらせる恐れがあるので、1歳になるまでは与えないでください。)
・ 口を切る恐れのある固く「尖った」食品
・ ポーションタイプのこんにゃくゼリー

好き嫌いが出てきたようです。どうすれば治せるでしょうか。

ある時期がくると特定の食べ物を嫌がるようになるのはよくあることで、心配することはありません。しばらくの間は決まったものしか口にしなくなることがありますが、ほとんどの場合、時間が経てば自然に治まります。
初めての食べ物を与えたときに、子どもがあまり喜んで食べなかったり、頑として受けつけなかったりすることがありますが、ここであきらめてはいけません。何度か口にして初めて、おいしさが分かることもあります。親が食べているところを子どもに見せるのもよいでしょう。そうすると、子どもの方から、親が食べているものを分けてほしがることもあります。
同じ月齢の子と比べて食が細い子もいますが、正常に発育しているのであれば問題ありません。

どのくらいの時期から甘いおやつを与えてもよいでしょうか。

バランスの良い食事を考えて、その一環としてのおやつであれば少量の糖分を摂るのはOKです。ただし食事の間に、甘いおやつ(特に甘い飲料)を与えると虫歯の原因になるので避けましょう。子どもに悪い癖をつけてしまいますので、食事の代わりにおやつを与えることは絶対にやめてください。どの食事にも必ず少量の糖分は含まれていますし、母乳に炭水化物として含まれる乳糖には強い甘味があります。良い食習慣を身につけた幼児は、甘い母乳以外にもおいしい食べ物があることをちゃんと理解しています。

よくある質問:乳幼児

一日当たりどれくらいの炭水化物を与えなくてはいけませんか。

この時期の子どもは成長が著しいため、元気で健康な身体をつくるには、バランスの良い食事を与えてエネルギーを補給しなければなりません。ごはん、パン、じゃがいも、パスタなど、でんぷん質の炭水化物を食事や間食として毎回与えるようにしてください。この段階では、色々なタイプの食品を組み合わせることをお勧めします。

繊維は幼児の食事にとってどのくらい大切なのですか。

繊維は、幼い子どもにとって大切な栄養素ですが、普通に健康的な食事を摂っているのであれば、余分に与える必要はありません。幼児食の場合は、穀物や野菜、フルーツが主な繊維源になります。子どもが便秘をしているときには、水分を充分摂っているかどうかを確認し、かかりつけの医師か小児科医の診断を受けてください。便秘解消のために食事の内容を変えるのはそれからでも遅くありません。

幼児に与える食品は必ずマッシュしたり、小さく切ったりしなくてはなりませんか。

ブドウ、プチトマト、ナッツなどを丸ごと幼児に与えると、喉を詰まらせる恐れがあります。子どもたちはある程度歯が生えそろってくると(だいたい9~12ヵ月くらい)、月齢が低くても驚くほど幅広い食べ物を受け付けるようになります。12~18ヵ月になると、これまでのように、バランス食の一環であるスムージーやスープを喜んで口にする一方で、マッシュしたものやピューレでは物足りなくなり、もっと歯ごたえのあるものを欲しがるようになるでしょう。

1回の食事の適量を教えてください。

食事の適量には個人差があり、また日によっても変わります。食事の量は少しずつ増やしてください。また子どもの食べる量を把握しておくことも大切です。子どもの発育が順調であれば、充分な量の食事を摂っているということです。一般的な幼児の食事は、でんぷん質の炭水化物(ごはん、パン、パスタなど)3分の1、野菜とフルーツ3分の1、肉、魚、豆類3分の1の割合が理想的です。この月齢になると、食べごたえのある離乳食に加えて、フルーツなどのデザートを食べさせるようにしてください。

子どもが野菜を食べません。どうしたら食べてくれるでしょう。

大切なのは、家族の食習慣です。家族に食べ物の好き嫌いがあると、幼児はすぐにそれを見抜き、自分も同じように振る舞います。まずは家族がたっぷり野菜を食べるようにしましょう。野菜を食べないと親が構ってくれることが分かってくると、子どもは親の注意を引きたいがために、何度でも同じことを繰り返します。子どもが少しでも野菜を食べたときには、ほめてあげてください。これはとても効果があります。 いろんな種類の食材を食べ栄養を摂取しているのであれば、たまに好き嫌いを言うことがあっても気にすることはありません。一度子どもが野菜を食べなかったとしても、この先もずっと食べないわけではないので、大騒ぎせずまた試してみてください。またトマトや玉ねぎなど、子どもの料理に入れた野菜を数えると、実際には親が思っていたよりもたくさん野菜を食べているということもあります。

記事を見る