ブラウン マルチクイック9特設ページ「定番料理も簡単!」

家族に大人気!
でも面倒...そんな料理が簡単に!

子供も大人も大好きな定番料理の「餃子」に「ハンバーグ」。リクエストされることもしょっちゅうで作ってあげたい気持ちはあるのに、実は意外と手間がかかるもの。
そんなときこそブラウンのハンドブレンダーをフル活用!作って楽しい!食べて美味しい!かしこい私の味方です♪

ゆーママさん

ゆーママさん
プロフィール

3人の男の子のママ。大家族向けの簡単においしくできる料理のほか、スイーツレシピも人気。

野菜のみじん切り

POINT 1

野菜のみじん切り

マルチクイック9なら目にも染みることなく、包丁よりもさらに細かいみじん切りが可能なので素材の甘味も短時間に引き出すことができ、肉だねとの一体感も生まれます。そのため食感を邪魔せず、しっかりと旨みを引き出す隠し味の役割を果たしてくれますよ。これひとつで、ワンランクアップのおうち洋食が手軽に楽しめるようになります。

チョッパーでもつくれます ※製品によりアタッチメント(フードプロセッサー/チョッパー)の種類が異なります。
かたまり肉からのひき肉作り

POINT 2

かたまり肉からのひき肉作り

ひき肉はかたまり肉やこまぎれ肉など、ミンチになっていない素材を挽いて使えば、粗挽きなど好みの食感に仕上げることができます。
さらにひき肉は空気に触れている面積が多く、かたまりのお肉よりも酸化が早く、鮮度が落ちてしまうと言われています。ひき肉にされてから時間がたつごとに味が損なわれていくので、挽きたてのお肉を使えば、ワンランクアップした味わいに仕上げることができますよ。

こねる作業も簡単!

POINT 3

こねる作業も簡単!

手作業でムラなく混ぜるのは意外と難しく、手の温もりでひき肉の味が損なわれてしまいます。お店では手を氷水で冷やしながらこねたり、機械を使って混ぜたりするほど、実は繊細な作業。それほど味に影響がでてしまうと言われています。ですが、ブラウンのフードプロセッサーを使うことで簡単に、そして味も損なわずに、自宅でも美味しく作れます。手が汚れないのも嬉しいですよね。

チョッパーでもつくれます ※製品によりアタッチメント(フードプロセッサー/チョッパー)の種類が異なります。
餃子(ぎょうざ)

餃子ぎょうざ

材料【約50~60個分】

豚小間肉
250g
白菜
1/4個(500g)
にら
1束(100g)
小さじ1/2
A にんにく(チュウブ)
4cm
A 顆粒鶏ガラスープ
小さじ2
B しょうゆ、ごま油
各大さじ2
B 片栗粉
大さじ2
ぎょうざの皮
50~60枚

作り方

  1. 白菜、にらはそれぞれフードプロセッサー(カッター使用)でみじん切りにする。余分な水分はキッチンペーパーなどで絞っておく。
  2. 豚肉をフードプロセッサー(カッター使用)でミンチにし、Aを加え粘りけが出るまで練り混ぜる。
  3. ボウルに②と白菜、にら、Bを入れてよく混ぜ合わせる。
  4. ぎょうざの皮の周囲に水をつけ、たねを少量ずつ真ん中に乗せて半分に折り、ひだを寄せながらそれぞれ包む。
  5. フライパンにごま油(大さじ1)を入れ中火にかけ、餃子を並べて水(100ml)を加えて蓋をし蒸し焼きにする。
    蒸気がおさまってきたら蓋を外しごま油を少量まわしかけ、焼き色がつくまで焼く。
    (冷凍した場合は凍ったまま焼いて下さい。加える水、焼き方も同じで大丈夫です)

今夜のレシピはみんなでワイワイ食べたい定番の餃子♪
餃子の時は家族みんなでワイワイ作るご家庭も多いのではないでしょうか?

ゆーママさん

お肉に対して野菜の割合を多めにしているから、あっさりした仕上がりに!
さらにたっぷりの野菜はジューシーさもアップしてくれますよ。
その分味付けはしっかりめにしてあるので、満足感のある、ご飯がすすむレシピになっています。
お好みでチーズや刻んだキムチ、青じそを加えたり、スープに入れても美味しいですよ。

ゆーママさん

ブラウンハンドブレンダーができる
7つのことって? 

 ブラウンのハンドブレンダーを
購入できる店舗はこちら

EDION
ケーズデンキ
コジマ
Joshin
ソフマップ
ビックカメラ.COM
ヤマダウェブコム
yodobashi.com
Rakuten
DeLonghi
ハンバーグ

ハンバーグ

材料【4個分】

牛切り落とし肉
300g
玉ねぎ(みじん切り)
1個
A カレー粉
小さじ1/4
A 顆粒コンソメ
小さじ1/2
B 卵(M)
1個
B マヨネーズ、パン粉
各大さじ2
サラダ油
適量
スライスチーズ(加熱用)
4枚

【照り焼きソース】

さとう
大さじ2
みりん
大さじ2
しょう油
大さじ3
バター
小さじ1

ハンバーグを焼いた後に出るグレービー(肉汁)

作り方

  1. 玉ねぎはフードプロセッサー(カッター使用)でみじん切りにし、耐熱ボウルに入れてふんわりラップをかける。レンジ600wで1分30秒加熱して粗熱をとる。
  2. 牛肉をフードプロセッサー(カッター使用)でミンチにする。Aを加えて全体に混ざるまでこねる。
    (肉々しい感じを出したい場合はこねすぎないこと)
  3. ①の玉ねぎ、Bを加えてさらにまぜる。
    ※途中で食材をスパチュラで混ぜ整えると均一に仕上がります。
  4. 混ぜ終えた③を4等分にして形を整え真ん中にスライスチーズを四つ折りにし包み小判形に整える。フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、ハンバーグを並べて片面に焼き色がついたら裏返す。
  5. 弱火にして両面5分ずつ焼く。(肉汁が逃げるので蓋はしない)
  6. ハンバーグを焼いたフライパンの焦げを取り(フライパンを傾け肉汁は取らない)、照り焼きソースの調味料を入れてひと煮立ちさせてハンバーグにかける。
  7. 付け合わせに、フリルレタス、くし切りのトマト、スライスしたアボカドを添える。

次の日のお弁当にもうれしい!
旦那にも子供にも人気のハンバーグ。
ちょっとしたアレンジも試してみては?

ゆーママさん

ジューシーで食べ応えのあるハンバーグは我が家でも大人気。ナツメグではなくカレー粉でお肉の臭みを消すのもポイントで、子供たちの大好きなカレーの風味がふわっと香るのも美味しさの秘密。
お好みでカレー粉を増やせば、スパイシーな大人のハンバーグに変化しますよ。

ゆーママさん
マルチクイック9ができる7つのこと *MQ9075Xのみ [つぶす(ブレンダー)混ぜる(ブレンダー)泡立てる(泡だて器)きざむ(カッター)こねる(こねベラ)せん切り(せん切り 大・細)スライス(スライサー)
マルチクイック9ができる7つのこと *MQ9075Xのみ [つぶす(ブレンダー)混ぜる(ブレンダー)泡立てる(泡だて器)きざむ(カッター)こねる(こねベラ)せん切り(せん切り 大・細)スライス(スライサー)

もっとくわしく機能を知りたい 

※フードプロセッサー・刃ツール(スライサー・せん切り2種)・こねベラ は「MQ9075X」のみ、チョッパーは「MQ9035X」のみに付属するアタッチメントになります。

製品のご購入はこちら

EDION
ケーズデンキ
コジマ
Joshin
ソフマップ
ビックカメラ.COM
ヤマダウェブコム
yodobashi.com
Rakuten
DeLonghi
記事を見る